高島帆布について

高島市は年間を通して適度な湿気があることから繊維産業が栄えました。 「帆布」の様な厚物から、下着に使われる「ちぢみ(クレープ)」の様な薄ものまでを 同じ産地で生産されているのは極めて珍しいといわれています。

元々、帆布は工業製品に使われていたことから、大企業からの品質・納期・価格面での厳しい要求に晒されてきましたが、今も生産されていることは、そ の帆布の優秀性を物語っています。

また、日本でも高島市だけにしかない古い織機も使われており、独特の味わいがあると好まれています。


帆布バッグ・帆布素材